2011年8月アーカイブ

こんにちは。 ORION FXです。

こちらは24GP戦略1の続きになります。

基本はEURUSDのショート戦略でじっくりスイングでいこうと思っていますが
相場の状況に応じて多少は臨機応変に対応したいと思います。

下記のチャートは先ほどの2枚目と同じものです。

EURUSDチャート2.jpg

オレンジラインの1.4580が最初のレジスタンスになるのですが、仮にここをブレイクした
場合は次のレジスタンスになる赤ラインの1.4700辺りにSLを設定したいと思います。

しかし、ADPか雇用統計で上昇し1.4700辺りに接近した際はここで逆張りを
考えています。この時のSLは今年最高値の1.4900付近を予定しています。

現状のTPは緑ラインの1.4255付近を考えています。

仮にロングで入るならば青の点線ラインになる1.4060か青ラインの1.3965ですね。

基本戦略はこの様な感じで考えています。

若干、上昇相場になりつつありそろそろブレイクしそうな気配はありますが
暫くは逆張りで行こうと思います。

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。 ORION FXです。

今回は24GPトレード戦略について書かせて頂きます。
何度かツィッターで発言致しましたがまずはEURUSDからじっくりトレードして
行こうと思います。

基本戦略はスイングですのでTP、SLは若干深めです。
資金が増えてきましたらデイトレードも併用して行きます。
この辺りは追々、解説できればと思っています。

EURUSDチャート.jpg

まず、上記のチャートですがEURUSDの今年の日足になります。
左に見える縦の赤線が今年のスタート1月3日になりそこから緑線の
5月4日まで上昇し今年の最高値となる1.4934をつけそこから翌日の5月5日には急落し
レンジ相場に突入しているのがお分かりいただけると思います。

5月から8月末までの長いレンジ相場がオレンジの枠で囲ってある部分です。
このオレンジで囲ってある部分を拡大したのが下記のチャートになります。

EURUSDチャート2.jpg

このチャートは拡大したレンジ相場に合わせて下降トレンドラインとレジ・サポを
引いたチャートになります。

ピンクの円1~4を見るとトレンドラインを1度はブレイクしますが大きくブレイクすることは
なく所謂、騙しが4回続いているのがわかります。
これはオレンジライン辺りの1.4580が強く意識されトレンドラインよりレジスタンスが
勝っていると判断致しました。
ですので基本戦略はEURUSDのショートから入りたいと思っています。
昨日ツィッターでそろそろEURUSDのショートを仕込み時と発言したのは
ピンクの円4を見ると29日に十字線が出現しております。

十字線は相場の反転で出現することが多いと言われています。
真実はそんなことはないのですが、いくつかのパターンと組み合わせると騙しを
回避でき天底付近を取れる確立は上昇するのも事実です。

気がついた方もいるかもしれませんがよく見ると1と3にも十字線が出ています。
これはオレンジのレジスタンスが強く意識された結果がチャートに反映されたと
思っています。

この付近での十字線出現はその後、一旦は下降することが多いので実は昨日ショートを
入れたかったのですが24GPは明日からなので入れませんでした、、、。

しかし本日はADPがあり、明後日は雇用統計がありますので、様子を見るのも良いかと思っています。
もし指標がなければ昨日ショートポジションを作り継続していたと思います。
ちなみに大きな指標は考慮しますがファンダメンタルズは材料の1つですがあまり比重を置いていません。
テクニカル8、ファンダメンタルズ2くらいだと思います。

長くなってしまいましたので、次の更新で続きを解説したいと思います。

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。 ORION FXです。

今日は資金管理について解説したいと思います。

よく最大損失は総資金の5%などと言われておりますが、全くそのとおりで
勝ち続けても負け続けてもこの5%のラインを守ることは非常に重要だと思います。

しかし、実運用でこの5%を守ることはなかなか難しいと思います。

そこで重要になってくるのが資金管理の高効率化というのがあります。

わかりやすい例を自動売買で解説しますと、最近はまたタイトストップを採用した
マーチンゲール・ナンピンが流行り始めていますがこれらのEAは最大損失が40%以上
あることが殆どで、中には100%に近いものもあります。

例えば1つの口座でこれらのEAとは別に複数のEAを運用していたとします。
タイトストップを採用したマーチンゲール・ナンピンが大きな含み損を抱えたときに
他のEAは運用できなくなりまたそれが機会損失に繋がり非常に効率が悪いです。

元々、タイトストップを採用したマーチンゲール・ナンピンのEAは非常に資金効率が悪い
のですがさらにリスクまで高めてしまいます。

そこであらかじめ複数の口座に資金を分散し運用することでこれらを回避し資金を
高効率化することが可能になります。

EAの場合は海外ブローカーを使用している方が殆どでしょうからブローカーリスクを
避けるために複数のブローカーに口座を持つことも資金管理の高効率化の1つではないでしょうか。

またORION FXでは世界中から情報を入手しブローカー情報も多数保有しており実際に
テストもしておりますので、気になるブローカー等ございましたらお問い合わせ頂ければ
情報提供させて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

推薦ブローカーですと口座開設代行も承り、弊社のEAを無料でご使用して頂く事も可能です。

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。 ORION FXです。

今日はEAについて少しお話したいと思います。

>少々極論ですが、EAなどの自動売買はテクニカルに頼るトレードの最高峰だと
>思います。
>EAなどの自動売買を徹底できるかどうかはまた難しい問題であったりしますが。

先日、上記のような発言をさせて頂きました。

EAというのは「トレード中に人の感情が入らないテクニカルを徹底した戦略」に
なります。
これはトレード中は全てテクニカルに任せ感情の入る余地はありませんが、EAを
稼動させるのは人の判断になりますので良くあるのが、連敗が続くとEAを停止して
使用を止めてしまったり。
連勝が続くとロットを上げて運用したり。

これはEAを使う人ならば誰しも経験があると思います。

そして上記は正しいEAの使い方ではないと思います。
言い方を変えると正しくテクニカルを徹底できていないと思います。

良く巷では自動売買は寝てても稼げるとか楽して稼げるなどと書かれていますが
そんなことは全くありませんしORION製品もそんなことはありません。

EAには正しくテクニカルを徹底させる方法というものがあります。

その1つに資金管理があります。

次回更新はEAを使用した資金管理の解説をしたいと思います。

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。 ORION FXです。

今日は、前回書きましたように使用しているテクニカルとチャートを公開しようと思います。

以下が使用しているチャートになります。
プラットフォームはもちろんMT4になります。

チャート01.jpg


レジ・サポ、トレンドラインが入っていますので多少、見づらいかもしれませんが
比較的シンプルな部類に入るのではないかと思います。

使用しているテクニカルは以下です。


・ボリンジャーバンド(偏差3まで)

・20EMA

・200MA

・GMMAショート&ロング

・オリジナルインジ

・ストキャスティクス

参考にしている時間足はH1、H4、D1~辺りです。
デイトレードや短期で入るときはこれ以下の足を見るときもありますが基本的に
短い足はあまり見ません。

時間足によって多少使用しているインジケータは違うのですが基本は上記を使用しています。

基本的なルールはありますが、使用方法は一概に「これだ!!」というわけでは
ありませんので今後、相場の状況に応じてケースバイケースで少しずつシンプルに
解説できたらと思います。
もちろん解説は後出しになりますが、トレードは後出し出来ませんので少しでも
見て頂いている方の参考になればと思います。

これは自分の持論なのですが、テクニカルとは自身の相場観を後押しするものであり
テクニカルを使用したトレードとテクニカルに頼るトレードでは意味が全然違うと思っています。

人それぞれだとは思いますが、テクニカルに頼るトレードでは裁量は難しいのでは
ないかと思います。

もちろん、自身の相場観にテクニカルを都合の良い解釈ばかりするのも違うと
思いますが。

また、テクニカルに頼るトレードも徹底出来ればそれは素晴らしい戦略とも
感じています。

少々極論ですが、EAなどの自動売買はテクニカルに頼るトレードの最高峰だと
思います。

EAなどの自動売買を徹底できるかどうかはまた難しい問題であったりしますが。


次回更新はそのEAの解説をしたいと思います。

| コメント(0) | トラックバック(0)
はじめまして。 ORION FXです。

システム屋がなかなかこのような裁量をベースとした大会に出場出来る機会が少ない
ので非常に楽しみであるのと同時に珍しいのではないかと思っております。

EAを使用した大会は海外ではブローカー主催のも含め盛んに行われておりますが
短期カーブフィッティングさせた一発系がその上位を占めトレードの大会というよりは
デモンストレーションに近い気がしております。

事実、自動売買系のトレード大会で上位を占めたソフトはその後ほとんどのものが期待し
ている結果を残すことが出来ておりません。

裁量で尚且つ3ヶ月間という期間ではレバレッジの影響もありなかなか一発を狙った
デモンストレーションといったことは難しく根本的な実力が表に出せるのではないかと思います。

そのレバレッジですが国内もいよいよ25倍ですね。
正直、国内のブローカーを全く使用したことがありませんのでイマイチ感覚がわかりません。
ツールもMT4以外はほとんど触ったことがないので実は今回のFX24もまだ操作がわからなかったりします。

これから操作を覚えるレベルではありますが、相場の方は自信があります。
証拠金、レバレッジの関係でトレード戦略は初回はスイングメインでいこうと思っております。
中盤~後半にかけて資金に余裕が出来てきたらデイトレードも披露できれば良いですね。

次回の更新で使用するテクニカルとチャートを公開したいと思います。

| コメント(0) | トラックバック(0)

PepperStone

ライブトレード配信中!!