M78の運用について


こんにちは ORION FXです。

本日はM78の運用方法についてアドバイスをさせて頂きたいと思います。

まずはこちらをご覧下さい。

ドローダウン後に調子を落としているように見られます。
しかしこれらは全て回避可能です。

自動売買と言えども、使用者様の方である程度の調整は必要となってきます。
完全放置で稼げるかと言えばその様なものは存在いたしませんので、M78も例外では
ございません。

既にDD後に実行なさっているユーザー様も多いと思いますが、近況の不振の
原因はEURCADのBuyにあります。

こちらが相場とマッチしておりませんので度重なる損失を出し続けている
原因となっております。

システム全体を見ますと不振な様ですが、実はそうではなく細かく通貨ごとに
見ていきますとEURCADのBuyだけが他通貨の足を引っ張る結果と現在の相場では
なっております。

また、USDJPYのSellも一見不振な結果と思われますがこちらはそうではございません。
あまり良い推移とは言い難いですが、大きなドローダウンを起こした原因はFOMC議事録にあります。

これらはMyfxbookの「Summary」(概要)からご確認できます。

公式結果を相場状況に応じて停止しない意味はシステムの優秀さを証明する以外にも
データ公開の意味もありますので是非、ご活用なさって頂ければと思います。

この度のM78運用のアドバイスを要約すると以下の3点になります。

・システム全体の結果ではなく公開しているデータを使用し個別に参考にする

・不振なEURCADはBuyを停止もしくはEURCADの全てを停止
 (Lotを落とすなども検討)

・USDJPYのSellは現在の相場では指標に弱いので注意が必要
 (Sellを停止もしくはLotを落としての運用)

Platinum Programでは以前より上記を採用しておりますので開始2ヶ月程度ですが
既に全ての参加者様が+20%以上という結果となっております。
(M78以外も使用しております)

以上、運用方法のアドバイスになります。


今後、ブログ記事を充実させていく為にも応援↓↓↓↓↓↓お願いします!!

にほんブログ村 為替ブログへ 

| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.orionfx.jp/ja/mt-tb.cgi/155

コメントする


PepperStone

ライブトレード配信中!!