2012年9月アーカイブ

こんにちは ORION FXです。

本日は開発中のトレード専用VPSの機能をご紹介致します。

トレード専用VPSがわからない方はまずは以前のこちらの記事をご覧ください。



それではトレード専用VPSの機能を本日は1つご紹介させて頂きます。

VPSにトレード環境を構築する作業、実はとても手間だと思います。
既存VPSはご使用ブローカーのMT4を毎回インストールする必要がありました。

しかし、トレード専用VPSは当然トレードに特化しておりますのでユーザー様に
わざわざご使用ブローカーをインストールして頂く様な手間を一切かけさせません!!

まずは画像をご覧下さい。 (※下記は開発途中のものになります)


VPS01.jpg

メタトレーダー4の1番~6番まであるのがおわかり頂けると思います。

こちらはVPSに最大6つのMT4が設置可能です。 
(※最大3つまでと6つまでがご選択出来ます)

続きまして右側にPepperstone Razorが1番~4番、Pepperstoneが5番~6番までと
記載されているのがお分かり頂けると思います。

こちらは何かと言いますと続きまして以下の画像をご覧下さい。


VPS03.jpg


もうお気づきの方もいらっしゃると思います、そうです。
最初からVPS内に各ブローカーのMT4がインストール済みとなっております。

ですので、ご使用になりたいブローカーを画像にありますようにタブから選択して頂く
だけでVPS内にMT4がセットされます。

対応ブローカーは下部の「続きを読む」からご確認下さい。

次回はさらに便利なアップロード機能のご紹介をさせて頂きます。


今後、ブログ記事を充実させていく為にも応援↓↓↓↓↓↓お願いします!!

にほんブログ村 為替ブログへ 

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは ORION FXです。

本日はシステムトレード全般に関する内容です。

今年に入ってからの相場を観察し続け確信に至った内容になります。

弊社のシステムに限らず現在お使いの他社様のシステムや新たなシステムを導入を
検討されている方の参考になればと思います。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、以前の相場と比較し近年は非常に
ボラティリティが低下しております。

このボラティリティの低下というのはここ数ヶ月でさらに進んでいるように思います。

今後もボラティリティの低下はさらに進行するのか現状を維持するのか又はどこかで
ブレイクしボラティリティは上がるのかは不明ですが、現在の相場と相性の良い
システムがあります。

それはEURUSDやGBPUSDなどのメジャー通貨のナンピン、マーチンゲール系の
システムです。

EURUSD対応のナンピン、マーチンゲール系のシステムは非常に人気があり
好調なものが多いのではないかと思います。

これらのシステムはボラティリティが下がれば下がるほど好調な結果を出しやすい
傾向にあります。

逆にスキャルピングシステムは近年の極端なボラティリティの低下により不調な
システムが多いように思われます。

また、デイトレード系のシステムなどは大きなブレイクを狙うものでなければ
基本ロジックがしっかりしていれば安定した稼動が可能です。

ここから先は長文になりますので興味のある方のみ続きからお読み下さい。


今後、ブログ記事を充実させていく為にも応援↓↓↓↓↓↓お願いします!!

にほんブログ村 為替ブログへ 

| コメント(0) | トラックバック(0)

PepperStone

ライブトレード配信中!!